• TOP
  • ビジネスモデル

Business Model

ビジネスモデル

一般廃棄物処理プラントは、人々の生活を支える、社会に欠かすことのできない施設です。
「内海プラント」では、一般廃棄物処理プラントの新規設計・施工はもちろん、設備に精通したエンジニアが確かな技術を駆使して、運営からメンテナンス・改造工事まで、お客様の様々なニーズにお応えします。

環境プラントの計画、設計、施工

●ごみ焼却処理施設
●マテリアルリサイクル処理施設

プラント維持・メンテナンス・改造

●維持管理サービス
●施設の改造

プラントオペレーション

●運転管理サービス

Plan, design, construction

●ごみ焼却プラント

豊富な経験と実績を誇る「内海プラント」が、独自のノウハウと最新技術を結合し開発した「ストーカ式焼却炉」と高度な「有害ガス除去設備」を組み合わせてご提案します。
ストーカ式焼却炉で安定燃焼させ、有害ガス除去設備でダイオキシン類などの有害物質を大幅に削減した、安全・安心・安定なプラントです。

●リサイクルプラント

缶類、ペットボトル、プラスチック製容器包装、紙製容器包装、発泡スチロールなどの資源ごみや粗大ごみを破砕、選別、圧縮し資源の有効利用を図るプラントです。

Maintenance,Remodeling

●メンテナンス

一般廃棄物処理プラントを安定して稼働させるためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
「内海プラント」は、蓄積された豊富なノウハウと経験値によって長期補修計画を策定するとともに、綿密な現地調査を行ったうえで、最適なタイミングや内容でメンテナンスを実施し、施設の長期安定稼働を実現します。

●改造工事

一般廃棄物処理プラントは、15年から20年程度で機器の更新が必要となります。
また法令の変更や環境対応の変化により、大規模な改造が必要となる場合もあります。
「内海プラント」は、環境プラントメーカーとして培ってきたエンジニアリングノウハウをもとに、既存施設の機能維持を図りつつ、省エネや環境保全対策を組み込んだ、付加価値の高い改造工事を実施し、施設延命化の提案を進めています。

Operation

一般廃棄物処理プラントを適正に管理していくためには、高度な運転管理技術が必要です。
「内海プラント」では、一般廃棄物処理プラントにおいて主流となっているDBO事業などの「運営委託事業」においても、お客様のニーズにお応えしていきます。

水分が多い時や、難燃性の固形物が大量に混じる時など、机上の計算通りにはいかない廃棄物の処理において、高度な運転管理技術を持つ技術者が常にプラントを最適な状態に保つことで、施設の機能を最大限に発揮させ、安定運転を実現します。

●中央制御室

自動燃焼システムで、各設備の運転を管理しています。
運転データや各機器の状況を的確に把握し、安全に運転します。